繰り返すにきびは病院での治療が重要

繰り返すにきびは病院での治療が重要

肌トラブルの中でも、場合によっては一生消えない跡を残すにきびの発生には頭を抱えてしまうもので、特に同じ部分に繰り返し発生するループ性のにきびの場合には、体調不良などの原因が潜んでいることも多いのです。以前の一般的な常識としては、にきびは市販の薬を塗って治すという程度のもので、肌に起こる病気であるという認識を持つ人は少なかったのですが、近年にきびは立派な皮膚病と捉えられるようになり、自己ケアに頼らずに病院で治療するという考えに変わりつつあります。

治療を受けられるのは、一般の皮膚科を始め、美容皮膚科や美容外科で、にきびの症状により、受診するクリニックを選ぶ必要があります。現在出来ている症状を単に抑えるという希望ならば、一般の皮膚科により、健康保険適応内で行える外用薬や抗菌剤により炎症を抑える治療を受ける事や、毛穴に詰まった皮脂や角質を剥がして炎症を抑えるイオウ製剤を用いる方法、面ほう圧出という毛穴から皮脂や角質を取り除き回復を早める方法などが有ります。

また、にきびの発生により皮膚が硬くなっていると感じた場合には、角質層のターンオーバが正常に稼働していない場合が多く、肌を凸凹にしたり、シミとして残る跡を作る可能性が高い為、このような場合には、美容皮膚科や美容外科を受診されるのが最適と考える事が出来ます。跡を残さず、停滞している肌の機能を高める為に、古い角質を除去し、ターンオーバーの乱れを整える事で肌を再生させるピーリングや、肌を活性化させるビタミンを補給できるイオンの導入、肌にハリを作るコラーゲンの生成を助ける光治療などを受ける事が最大の改善法となるのです。

あくまで、治療を受けようと考えている方のにきびの種類や状態に合わせて受診される病院を選ぶという事が重要ですし、それぞれの医療機関により、行える治療内容にも違いがあります。病院によっては、肌を健やかに保たせる為の栄養指導を含め生活習慣の見直しを提案してくれるところもあります。